短時間で手術終了

レーシックの手術そのものは30分ほどで終わる

友人が受けて視力が劇的に上がったという話を聞いたので、レーシックを考え始めたあなた。
ところで、手術までどのように勧めていくか、知っていますか。
手術前からレーシックの手術中、その後のケアまでのプロセスを説明します。
まず、すべての人がレーシックを受けられるわけではありません。

ですから、手術を受けられるかどうかの検査をする必要があります。
なかには、無料でレーシックについての説明会を行っているクリニックもあります。
説明会では、自分が不安に思っているところを質問できます。

適応検査では、角膜の厚さや眼圧などを測ります。
適応検査をパスしたら、いよいよ手術日を決定します。
当日も手術前に確認のため再検査をします。
角膜を焼くレーザーは、長くても30秒程度で終わります。

ほとんど痛みはなかったという人が多いです。
終了したら回復室で約15分休みます。
そのあと診察で、フラップという目の表面にあるふたがしっかり固定されているかを確認します。
手術自体のプロセスは、次の通りです。

1、点眼で麻酔を行います。
2、マイクロケラトームあるいはレーザーでフラップを作成します。
3、フラップをめくります。
4、レーザーを角膜に照射します。
5、抗生剤を点眼します。
こちらのサイトhttp://tcbyct.com/2.htmlも参考にご覧ください。

手術後の検診は、翌日、1週間後、3ヶ月後、というように様子を見ます。
それ以降も気になることがあったら、相談できるようになっています。
相談は無料でできる期間が決まっていることが多いです。
あまり視力の回復が見られない場合は、再手術の可能性もあります。

さて、レーシックの後遺症はあるのでしょうか。 気になるところですね。 体験談の記事http://www.sppd.org/4.htmlも参考にしてみましょう。
Copyright(C) 2013 世界が認めた技術 All Rights Reserved.