短時間で手術終了

レーシックを受けたほとんどの人が視力1.0以上に

眼鏡やコンタクトの管理が煩わしくて、またはレーシックをやった友人の話を聞いて決心したという人が多いレーシック。
成功確率はゆうに90%を超えています。
驚くべきは、ほとんどの人が1.2以上の視力を取り戻した(元は0.1以下の人ばかり)ということです。
そんな成功率の高いレーシックですが、デメリットも気になりますね。http://www.salmonfestival.net/3.htmlのサイトは参考ご覧ください。

ネットの体験談を見ますと、やはり当然のごとくいろいろな人がいますね。
アメリカでは年間100万件以上の手術を行われていると言われています。(詳しくはhttp://www.pythonthreads.com/beforetest.html) 失敗への恐怖や不安があり、何年もためらっていた人や、とにかく視力を良くしたくて即決した人。
レーシックのことをあらかじめよく調べておいて、手術を受ける状況が整ってから受ける人もいました。

遠方の人はホテルを取って一泊して、翌日の検査を受けて帰るという形が多いように感じました。
手術当日はメイクもしてはいけないし、目の違和感やまぶしさがあるかもしれないと聞いて、夜の手術を選択している人もいました。
しかし、受けた人の感想を読むと、眼鏡やコンタクトの煩わしさから解放され、目の前がくっきりすっきり見えるという感動が伝わってきます。

考えてみてください。
視力が悪いということは、それだけでかなりのハンデになりますし、コンタクトの管理も忙しい時には大変です。
レーシックをやってよかったという人たちは、裸眼で生活できることの喜びや家族の顔がよく見えるという、目が良い人には当たり前のことを声高に叫んでいます。

レーシックの費用は高いと言われていますが、コンタクトを使い続けるのと比べたらそんなに高くもないのかもしれません。
例えば、某クリニックの最高級レーシックは38万円だそうですが、消毒液など込みで月3000円かかるコンタクトを10年使い続ければ36万円になります。
レーシックをすれば、ほぼ同じ値段でコンタクトの面倒くささから解放されるのです。
もちろんリスクもありますが。

レーシック手術は心配な方も多いと思います。 こちらのサイトhttp://rod.littlestar.jp/4.htmlには安全性について書かれているので 是非ご覧ください。
Copyright(C) 2013 世界が認めた技術 All Rights Reserved.