短時間で手術終了

レーシックの最安値

なかなか好景気にならない今の時代、「格安」や「無料」という言葉が流行っています。
100円0ックに、100均、ファストファッションブランド、格安航空会社、様々な無料お試しクーポンなど、数えれば、きりがありません。
レーシックにも同じような傾向があると言えます。
日本で認可され始めた2000年代初頭は、50万円は当たり前で下手すると100万円もかかる手術でした。

それが、手術機械の進歩や手術をする医師の技術力向上などにより、この10年で急速に価格は下落しました。
手術回数の多いスタンダードなレーシックは、30万円前後に。
高級レーシックも50万円そこそこに落ち着きました。
では、最も安く済ませようとしたら、いくらになるでしょうか。

今現在、http://xanarama.net/money.htmlにも書いてあるように、各クリニックで一番安いレーシックは、10万円を切ります。
しかしながら、手術を受けられる人は限られてきます。
なぜなら、安いレーシックはそれほど高度な技術を使用していないため、近視が軽度であり、かつある程度の角膜の厚さが必要だからです。
術後のサポートや後遺症について、全然気にしないから、とにかく安さを求めたいという人には良いでしょう。

もし、総合的にみて一番自分に適していて、リスクが少ない手術を選択したいと考えているなら、少し高くてもスタンダードなものをおすすめします。
レーシックは保険が効かないhttp://www.thedividethemovie.com/price.htmlのがネックです。 リスクが少ないということは、後々トラブルが発生したり、再手術の可能性が減少するということです。
また、クリニックによっては、学割や遠方割引、紹介割引をうまく組み合わせれば、正規の値段より5、6万円安くなります。
格安レーシックは、保証期間も1年しかついていないことが多く、1年過ぎた頃にトラブルが発生し、再手術となった場合は追加料金を支払わなければいけません。
その点、スタンダードなタイプを選べば、生涯保証がついてくるところもあります。
どちらのタイプを選ぶかは、あなた次第です。
レーシックの種類に関してはこちらhttp://www.tri-starelectronics.com/syu.htmlをご覧ください。

Copyright(C) 2013 世界が認めた技術 All Rights Reserved.