短時間で手術終了

レーシックを受けるときは合併症について十分な理解を

レーシックをやるときに1番考えるのは、失敗したらどうしようということだと思います。
失敗で怖いものは、もちろん失明だと思いますが、その可能性は限りなくゼロに近いそうです。
人間がやる手術ですから、100%ないとは言い切れませんが。
しかし、広義の意味での失敗になれば、その人数は多いのかもしれません。

例えば、患者さんが期待している程度の結果と医者がこれで良しとする結果が違うことはよくあります。
ですから、手術をやる前に患者さんに期待値を現実的にしてもらうのが良いそうです。
医者としても、手術ができる患者さんでも本人が満足できそうもない場合は、やめておいた方がいいという助言をすることもあるようです。
手術は、成功していても合併症が発生する可能性もあります。

よくあるものとしては、ぼやけ、異物感(ゴロゴロ感)、結膜下出血などがあります。
ぼやけは徐々に改善することが多いですが、視力が安定するまで数ヶ月かかることもあるといいます。
異物感はそれほど長く続きません。
出血も少量であれば心配いらないようです。

稀にある合併症は以下になります。
夜間視力の低下、近視戻り、感染症、上皮欠損などです。
順番に解説していきます。
夜、視力が低下することは個人個人の瞳孔の大きさにもよるそうですが、術後半年でほとんどなくなります。
近視戻りは、手術前に近視が強かった人に多い合併症です。

また、術後に近視用メガネを長時間かけるのは、避けるべきです。
感染症は、文字通り傷口から細菌が入ることを指します。
これは、医師の言いつけをしっかり守り、点眼を欠かさずしていれば、めったになりません。
上皮欠損も同様です。

Copyright(C) 2013 世界が認めた技術 All Rights Reserved.