短時間で手術終了

レーシック手術の名医は症例件数で決まる

理由は何にせよ、医者にかかるときに気にすることは沢山あります。
先生とコミニュケーションは取りやすいか。
病院の場所は行きやすいところにあるか。

説明は的確か。
など、あなたも思い当たることがあるでしょう。
まして、手術を受けるとなったら腕が確かな人に執刀してもらいたいですよね。
患者側は評判を聞いたりして、ある程度先生を選べますが、医師としてはそうはいきません。
万が一手術を失敗したり、悪い評判がたてば、やぶ医者というレッテルを貼られることになりかねません。

レーシックの分野にも、名医と呼ばれる人たちがいます。
彼らは、どんな時でも手術を速やかに、かつ正確にやり遂げます。
後遺症の発生件数もゼロに限りなく近い数字を出しています。
手術回数100回〜700回の経験がある先生は、後遺症発生率が2%台であるのに対し、それ以上の先生は0.3%になっています。

このデータが示しているのは、症例数が多いほど、より手術を成功させているということです。
名医の人たちは、他の先生方と何が違って、どこが優れているのでしょうか。
その道の専門家でもない限り、詳しいことは解説できませんが、言うとすれば、日々の鍛錬といかなる難手術をも成功させようとする意志だと思います。
あとは、その患者さんに良く見える目で人生を楽しんで欲しいと思う愛情でしょう。
いくら高い技術を持っていたとしても、患者とろくに話もせずに手術だけ、まるで流れ作業のようにやっていても名医とは呼べません。
患者と密にコミュニケーションをとり、本当のニーズを知って初めて、心から満足できるレーシックになるのです。

レーシックを受ける際のクリニック選びhttp://diplomaxkyoto.jp/12.htmlはとても重要ですね。
Copyright(C) 2013 世界が認めた技術 All Rights Reserved.