短時間で手術終了

レーシックを受けるときは角膜感染症に気を付けて

http://www.nextdayair-themovie.com/2.htmlにも書いてあるように、レーシックの手術をするとき、角膜の表面を薄く切ってフラップという蓋を作成します。
このフラップが自分の目に馴染み、回復するまでに雑菌が入ってしまうと、感染症を起こしてしまうことがあります。
感染症になってしまうと、眼球が白濁するなどの症状が出るそうです。

感染症が発生するのは、多くの場合、手術をした病院の衛生管理に問題があります。
2008年から2009年にかけて、G眼科でレーシックを受けた患者が次々に感染症を発症しました。
その数は手術を受けた一割に上ったそうです。

レーシックにおける感染症にかかるリスクは、何万人に1人いるかという確率だといいますから、これは異常な割合です。
調べによると、手術に使用する機器の滅菌をしていなかったばかりか、医療行為に対する管理がおろそかになっていたといます。
今現在、レーシックを行っているほとんどのクリニックでは、衛生管理を徹底しているとうたっているものの、手術を受けるクリニックが本当に大丈夫か調べた方がよさそうです。

また、手術前には、コンタクトの装用を避ける。
前日は入浴する。
などの指示を患者側もしっかり守るということが、手術の失敗やトラブルを避けるという意味では、重要です。
レーシックをやると決めたのなら、かかる費用や評判、手術を施すスタッフの実績、術後のサポートなどを総合的にみて慎重に考えましょう。
手術を施す方も受ける方もお互いに気持ちよく終わりたいはずです。

安全性の高いレーシック手術を受けるためには?http://nudeplus.jp/12.htmlの記事は必見です。
Copyright(C) 2013 世界が認めた技術 All Rights Reserved.