短時間で手術終了

遠視の治療にはイントラレーシック

遠視がどういうものか知っていますか。
本来網膜上で結ばれるはずのピントが網膜の後方で結ばれるために、視力が低下しているという状態です。
弱い遠視であれば、水晶体を膨らませてピントを合わせることができるので、遠くはよく見えます。

しかし、近くになると、ぼやけてしまいます。
遠視が強くなると、近くの物も遠くの物もよく見えなくなってしまいます。
原因は、水晶体の調節力が弱い、あるいは眼軸(角膜から網膜までの距離)が短いことです。
ほとんどの遠視は後者が原因です。

眼軸の長さが短いと網膜のうしろで像を作ってしまうのです。
これはほとんどが先天的なものなので、放っておいても成長とともに視力が安定してくることがあります。
強度の遠視の場合は、正しくピントが合うという状態がどのようなものかを知らずに育ってしまうと、脳へ正しい映像が送られなくなり将来弱視になってしまう可能性もあるので、眼鏡による矯正をします。

レーシックを受けている人の多くは近視ですが、遠視でも手術を受けることはできます。
理由は、レーシックの特徴を考えればわかります。
レーシックは、角膜をレーザーで削り網膜の上で焦点が合うようにしてから、フラップという蓋を閉じる手術です。
つまり、網膜上に合わなくなっている焦点の位置を正す方法なので、焦点が近い近視であっても、遠視であっても、関係ないのです。
遠視の矯正に用いるのは、イントラレーシックが多いですが、わずかな歪みをも矯正できるアイデザイン、アイレーシックもあります。

より詳しくイントラレーシックについて知りたい方はhttp://xn--pckp0b6k2c.la/11.htmlのサイトの記事も是非ご覧ください。
Copyright(C) 2013 世界が認めた技術 All Rights Reserved.