短時間で手術終了

レーシックは術式によって保証期間が違う

http://xn--z-4euxa2cxmpd.com/01.htmlにも書いてあるように、レーシックが普及してからというもの、成功率は9割以上というのが一般的になりつつあります。
しかし、逆に考えれば、失敗する可能性も1割だということです。
成功率90%という数字を見て、安心しきってはいけません。
失敗した時の事は考えたくないのが人間ですが、そこまでよく調べてから受けるのをおすすめします。

今回は補償制度について解説していきます。
まずは、レーシックの中で、最も価格が安く手軽に受けられる手術です。
これは、マイクロケラトームという機器を使った伝統的なレーシックになります。
価格帯は7万5千円〜10万円になります。

最も簡単な手術であるにもかかわらず、保証期間は1年であることが多いです。
価格が安いこと以外はあまり得とは言えません。
最新のものに比べて、フラップがずれやすい、見え方がクリアでないなど仕上がりが劣るからです。
イントラレーシックは、最もスタンダードなタイプだと思います。

手術を受けている人も多いのではないでしょうか。
保証期間は、5年のところもあれば、10年以上というところもあります。
保証の年数に幅がある術式といえるでしょう。

アイデザイン、アイレーシックは、レーシックの中で最高級の部類に入ります。
他のレーシックとの違いは、よりクリアな視界になり、手術中のレーザーの照射時間も少なくて済むことです。
わずかな見え方の違いで大きく差がつくレーシングドライバーやパイロットが受けるのに適しています。

気になる保証期間は、期限の決まっていない生涯保障であることが多いです。
なかには、5年というクリニックもありました。
術後の保証も大事ですが、その他にもクリニック選びに役立つ基準があります。

例えば、医師の経験を見るのに症例件数が公開されています。
しかし、ほとんどの眼科クリニックのホームページでは、クリニック全体の症例を載せてあることが多いので、手術を施す先生一人ひとりの件数をチェックしましょう。
一概には言えませんが、そのクリニックの院長は、経験豊富だと思います。
追加料金を取られても安心してお任せできる方にやってもらう方がいいですから。

レーシックはこれだけ高額ですし、安全性もとても気になりますし不安になる点はとても多いですね。 こちらのサイトhttp://xn--kpuo06fw1aj2o.net/search.htmlはわかりやすく解説されているので是非ご覧ください。
Copyright(C) 2013 世界が認めた技術 All Rights Reserved.