短時間で手術終了

多くの芸能人が受けたレーシック

手術機械の精度も高まったおかげで、リーズナブルな価格で安全に行えるようになってきたレーシック。
多くの芸能人もその恩恵を受けています。
元AKB48の前田敦子もやっているといいますね。
有名人の中では、スポーツ選手が多く受けています。

サッカー日本代表で、ロシアリーグの選手でもある本田圭佑はよく知られています。
一時はレーシックによって目つきが変だという噂も立っていましたが、特別プレーは変わっていないので、影響はないのだと思います。
サッカーは、他の競技に比べて身体的接触の多いスポーツですから、コンタクトをつけてのプレーは大変です。
ちなみに稲本潤一もレーシック体験者だそうです。

元テニスプレーヤーの杉山愛は、海外遠征が多かったため、目のケアやコンタクトの扱いに苦労したと言っています。
プレー中にコンタクトがずれて、視界が曇ったりして困っていたことから、レーシックを決意したそうです。
他の体験者の方々と同じように、裸眼で見えることがどれほど素晴らしいかを実感していると話していました。
メジャーリーグのニューヨークヤンキースで、先発の柱として活躍する黒田博樹投手も、レーシック体験者の1人です。

彼の場合は、以前からコンタクト管理の煩わしさを感じていましたが、アメリカへ移籍するのを機に、手術を受けたといいます。
ボールを追いかけ、正確に送球しなければならない野手と違って、投手はそれほどよく見えなくても良いのではないかと思うかもしれません。
しかし、投手も守備をする機会はありますし、キャッチャーのサインを間違えないためには、よく見えていることが重要なのです。

お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建は、どんどん悪くなっていく視力に怖さを覚えていたのと、災害時にコンタクトだと困ると思ったことから、手術を受けたそうです。
手術後の感想は、アナログテレビから地デジに変わったほどの感覚だそうです。
その他にも、歌手の西島隆弘や格闘家の角田信朗、タレントの松本伊代など多くの方々が視力回復に成功しています。
このように芸能人もレーシックで1.0以上の視力を獲得しているのを聞くと、勇気が湧いてきますね。
それでも、すぐに飛びつくのはやめて、よく調べ、情報を得てから決断するようにしてください。

Copyright(C) 2013 世界が認めた技術 All Rights Reserved.